バックナンバー

葬儀の基礎情報

自由な葬儀を望む故人や遺族

現在の葬儀は、現代日本の縮図とも言われ、少子高齢化により規模が縮小するとともに長く続く経済不況により費用の総額が下落し、高齢者と若者の世代間断裂により宗教観や死生観が変化し著しい仏教離れが生じ、宗教色の無い自由な葬送方法が増加しています。その為、花飾りの祭壇や洋風飾りの祭壇など装具品も多様化し、装具の配置も棺を祭壇と切り離すなど小規模ながらもオリジナリティーある葬儀を望む故人や遺族が非常に多くなっています。

お別れだけでなく感謝もある葬儀

葬儀と聞くと、どんな人でもまず悲しいというイメージが湧いてきます。故人との、本当に最後のお別れなのでさまざまな感情がでてきます。ただ、悲しみの中にも故人への今までの大きな感謝があるのも確かな事実です。葬儀は、故人だけのためではなく残された家族がまた前を向いて歩くための一つの区切りにする儀式でもあります。死んだ人は、残された家族が幸せに暮らすことで、安心して遠い世界に旅だちができると言われています。

↑PAGE TOP