バックナンバー

葬儀の基礎情報

葬儀では特に時間に気をつける

葬儀に参列するときには、特に始まる時間には気をつけて、始まる30分前までには斎場に到着しているようにしましょう。なぜなら葬儀が始まる前には、例えばご遺族へのあいさつであったり、受付や御霊前の受け渡しなどやらなければならないことも多いからです。葬儀が始まってしまってから、途中から参列するというのは大変失礼になりますので、時間に余裕を持つようにするのがマナーだといえます。挨拶も重要です。大変な時ですから心配でいろいろとお話ししたいという気持ちもあるかもしれませんが、葬儀の場での挨拶は手短に、そして言葉にも気をつける必要があります。まず死因など詳しく聞きたい気持ちもあるでしょうが、そういった詳しいことは後でまた話したり聞いたりするようにしてその場では聞くのはやめましょう。またはっきりと言葉にだすのではなく、お悔やみを言う時には語尾が聞き取りづらいくらいの声で話すのが良いとされています。葬儀は突然お知らせがくることが多いので、慌ててしまうかもしれませんが、まず教えてもらった時間よりも早く会場に到着するようにすること、そして挨拶は手短に忌み言葉など嫌がられる言葉もありますので、言葉使いにも気をつけるようにしましょう。

↑PAGE TOP