バックナンバー

葬儀の基礎情報

葬儀・告別式の行われる時間

臨終後の当日は身内だけの通夜、翌日の夕方は弔問者向けの通夜を行い更にその翌日に葬儀・告別式を行うのが一般的な流れです。それらが行われる時間として、弔問者向けの通夜は大体午後6時から9時まで行われます。通夜が終わると弔問者をもてなすために通夜ぶるまいが行われますが、遺族に知り合いがあまりいない場合でも一口でも遠慮はせず箸を付けるのがマナーです。しかしながらこの場合には20分から30分程を目安に退席するようにします。翌日になると葬儀・告別式に加え火葬や精進落としが午前9時から午後3時頃まで行われます。葬儀・告別式は一度に続けて行われ、時間も1時間程度ですがその後に出棺、火葬、精進落としが行われ、更には初七日の法要もその日のうちに行う場合があるため合わせると午後3時頃まで行われることになります。葬儀・告別式の大まかな流れは一般的な仏式の場合、まず受付にて手荷物を預け記帳し、香典を渡します。この後式場の係の指示に従い着席し、順番が回ってきたら焼香をします。喪主の挨拶の後に出棺を見送り、遺族から依頼があった際には火葬場へ同行します。火葬が終わった後あるいは火葬の間に精進落としが行われるためいったんここで終了ですが、この後すぐに初七日の法要が行われる場合も多くなっています。

↑PAGE TOP