バックナンバー

葬儀の基礎情報

通夜・葬儀・告別式参列時間厳守

お通夜に行く場合、始まる時間より早い時間に行くのは、あまりマナーとして良くありません。何故かと言いますと、喪主や家族の方が、依頼した葬儀会社と、葬儀・告別式の確認作業をしているからです。予定時間より早く訪れますと、亡くなられた遺族の方が打合せ中に到着することになり、打合せをしながら通夜に出席する人に、挨拶もしなければいけないため、忙しくて大変ご迷惑をおかけすることになります。開始時間の30分前ぐらい以降に訪れるのが、マナーとして最適です。又どうしても遅刻する場合は、葬儀社か遺族の方に、遅くなる旨を伝えておきましょう。次の日の葬儀と告別式については、開始時刻までに受付を済ませておくのが、マナーとして常識です。多少遅刻してしまうのであれば、なんとかお焼香の時間には、間に合わせるようにしましょう。お焼香は、約30分間ぐらいです。葬儀が始まってから、約45分後には告別式なので、ご遺族が亡くなられた家族と、最後のお別れをする儀式となります。このタイミングで駆け込むのは、マナーとして最悪な印象を与えますので、参列する際はよく確認をして、周りの人や遺族の方に迷惑がかからないように、気を付けて下さい。

↑PAGE TOP